正月も終わって受験生にとっては本番の時期がやって参りましたが大学センター入試が来週となりましたがまずは私立中学入試が始まったが併願する人にとってはまずは第一関門となる。

正月返上で勉強をしていた子もいますが塾主催の正月特別講座を受けた子もいるので仕上げに来ている子もいたが志望校など決まってここからラストスパートをかけている受験生もいるのでここで引き締めいる。

中学生もそうですが同じ時期に受験をするのでほとんどが最後の追い込みという事で集中をしていたかも知れない。

こうした中で私立中学入試が始まったと言うが本命ではなく滑り止めを受けるのでほとんどが地方などで受験をすると言うがここを受けておけば本命校ではリラックスして受けられると言うがほとんどが東京を中心にしていまして後は関西方面の名門校を受験する子がほとんどなのでこうした対策も必要だと思われていたと感じる。

現在は併願をする事で受験のチャンスが多くなってまた、受験のスケジュールも組みやすいので首都圏や関西の名門校などの私立中学を受けるの事ができるという事になるのです。

これでも受かれば迷う事になると思われていますがまずは受験を勝ちに行かなければならないので必死だと思うかも知れない。

これが終わり大学センター入試も終わると今度は私立高校入試や公立高校の推薦入試も控えているのでまだまだ受験は続いているが受かった事も考えた末で決断する事もあると考えられる。

でも、本命ではなく滑り止めで入学した子もいるのでこうした事もあるで気を使うかも知れないと感じていた。

これからが大変だと思いますが本命校が終わってから落ち着くかも知れないです。脱毛ラボ 体験談