公民館に事態があったついでに図書館に寄りました。
ガイドを読んだり借り受ける気はなかったのですが
図書館って僅か立ち寄りたくなるポイントでもあるので
久々に入って見ました。

最初は気づかなかったのです。
百人一首のうれしい評価ガイドとかないかな、なんて思いながら
図書館の深層の皆様にある和歌放物線に赴き
始まり近くに戻ってきて、ちらっと顔付きを掲げると……

す、凄いな、こういうシーン。
椅子に座ってらっしゃるのは、一丸旦那のお婆さん。
皆さん、新聞紙やら雑誌やら読まれています。
無論ガイドを選ん生じる中には女性もいらっしゃいますが
ちょっと、ちょっと前に見たインフォメーションを思い出しました。
『とにかく総人口の1/4が65年齢以上に繋がる』と。

安心半年くらい前に来た時はあんな光景ではなかったような……。
こういう半年でどれだけのほうが定年退職されたのだろう。
うちの父がガイドをよっぽど読まないこともあり、甚だ不思議な光景にも思えました。
そして、ありとあらゆる絵空事が(笑)。
定年退職して家でじわじわ過ごそうと思ったけど
思いのほか休暇だった、とか
婦人はこれまで通り同僚と出掛けちゃったり
家庭のことが忙しかったりして
普通男子は行先がなくて、おこずかいも減らされちゃって
いらっしゃるのはお金のかからない図書館なのかな、とか。

僕が利用する図書館も民間外注が決まっていますが
これからは置かれるガイドもなるのかな? なんて思いました。